05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告
--年--月--日 --:--
/
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7RCでCABAL起動!

2009.10.11 (Sun)

Win7RCでCABAL
右下に表示されているバージョン確認してくださいね。Windows7のRC版です。
Windows7RC版でCABALを起動することに成功しましたヽ(・∀・)ノ
ま、厳密に言うと違いますが。。。

Windows7RC上に、仮想PCソフトSun VirtualBoxを使ってXPを起動しました。
Sun Virutual Boxは仮想PCソフトにしては珍しくDirectX9.0cに対応しています。以前の記事に書きましたがWindows7Proに搭載されるXPモードはDirectXに対応していないため、3Dゲームを起動することはできませんでした。

10/22にはWindows7が発売されるこの時期にトライする意味があったかどうかは謎です
(-ω-)

仮想化3D性能\
しかも6FPS程度で、この能力ではゲームにはなりませんがね。ま、動いたことに満足しています。
実行した環境は、以下のとおり
CPU: AMD Athlon64X2 4600+
メモリ: 2GB
Video: GeForce7900GS
OS: ホスト Windows7RC1
   ゲスト WindowsXP Home Edition
仮想ソフト: Virtual Box 3.0.8

やり方を知りたい人は続きをどうぞ。この記事を見て問題が発生してもわたしは責任を取れませんのでくれぐれも自己責任でお願いします。

More・・・

Windows7RCでCABALを起動する方法

1) Sun Virtual Boxをダウンロードしてインストールします。

2)Virtual Boxを起動し、仮想PCを新規作成します。メモリは大きめに確保しましょう。私は900MB確保しました。
作成した仮想PCのCD/DVD-ROMドライブをクリックして、ホストPCのドライブをマッピングするように選択します。

3)Windows XPのインストールディスク(ライセンスが必要です!)をセットします。仮想PCを起動すると、仮想PCへのインストールが始まります。通常のWindowsインストールの手順でインストールします。

4)仮想PCをシャットダウンし、Virtual Boxの画面のディスプレイ欄で、3Dサポートを選択します。さらにビデオRAMに最大の128MBを割り当てます。
仮想PCを起動時にF8を押してセーフモードで起動します。
Virtual Boxの[デバイス]メニューから[Guest Additionsのインストール]を選択します。

5)仮想PCを再起動するとDirect3Dが使えるようになっているはずですので、dxdiagコマンドで確認します。

6)CABALクライアントをインストールして起動。うまくいっていればおなじみのログイン認証画面が表示されるはずです。

【今日のことば】
労多くして功少なし





20:34  |  CABAL  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
2009年10月11日 20:34
コメント:0 / トラックバック:0
Win7RCでCABAL
右下に表示されているバージョン確認してくださいね。Windows7のRC版です。
Windows7RC版でCABALを起動することに成功しましたヽ(・∀・)ノ
ま、厳密に言うと違いますが。。。

Windows7RC上に、仮想PCソフトSun VirtualBoxを使ってXPを起動しました。
Sun Virutual Boxは仮想PCソフトにしては珍しくDirectX9.0cに対応しています。以前の記事に書きましたがWindows7Proに搭載されるXPモードはDirectXに対応していないため、3Dゲームを起動することはできませんでした。

10/22にはWindows7が発売されるこの時期にトライする意味があったかどうかは謎です
(-ω-)

仮想化3D性能\
しかも6FPS程度で、この能力ではゲームにはなりませんがね。ま、動いたことに満足しています。
実行した環境は、以下のとおり
CPU: AMD Athlon64X2 4600+
メモリ: 2GB
Video: GeForce7900GS
OS: ホスト Windows7RC1
   ゲスト WindowsXP Home Edition
仮想ソフト: Virtual Box 3.0.8

やり方を知りたい人は続きをどうぞ。この記事を見て問題が発生してもわたしは責任を取れませんのでくれぐれも自己責任でお願いします。 Windows7RCでCABALを起動する方法

1) Sun Virtual Boxをダウンロードしてインストールします。

2)Virtual Boxを起動し、仮想PCを新規作成します。メモリは大きめに確保しましょう。私は900MB確保しました。
作成した仮想PCのCD/DVD-ROMドライブをクリックして、ホストPCのドライブをマッピングするように選択します。

3)Windows XPのインストールディスク(ライセンスが必要です!)をセットします。仮想PCを起動すると、仮想PCへのインストールが始まります。通常のWindowsインストールの手順でインストールします。

4)仮想PCをシャットダウンし、Virtual Boxの画面のディスプレイ欄で、3Dサポートを選択します。さらにビデオRAMに最大の128MBを割り当てます。
仮想PCを起動時にF8を押してセーフモードで起動します。
Virtual Boxの[デバイス]メニューから[Guest Additionsのインストール]を選択します。

5)仮想PCを再起動するとDirect3Dが使えるようになっているはずですので、dxdiagコマンドで確認します。

6)CABALクライアントをインストールして起動。うまくいっていればおなじみのログイン認証画面が表示されるはずです。

【今日のことば】
労多くして功少なし





Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hide636.blog50.fc2.com/tb.php/470-071e827c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。